ライフハック

【求職者さんへ】採用する立場で面接時に大切にしていること

投稿日:

採用する側の立場で求職者の面接を行うことが最近増えているのですが、その際に自分なりに大事にしていることをまとめます。

求職者に対し先入観をもたない

120分でわかる!!就職面接の新常識 [DVD]

今の会社では転職エージェントを使うことが多く履歴書を事前に渡してもらえますが、履歴書の内容を過度に意識して先入観をもたないように気をつけています。

学歴や履歴書の経歴がその人のパフォーマンスを正確に表しているとはどうしても思えないからです。

採用側が先入観をもって話していると求職者に必ず伝わるので、できるだけ先入観をもたないニュートラルなポジションをイメージしながら面接に向かってます。

求職者がパフォーマンスを出せる環境づくり

求職者が一番良い状態でパフォーマンスが出せることを面接では求めています。

ほとんどの方が、面接という非日常な場面では本来の自分の力を出せません。

人の採用を専門で行っていない私は、求職者が本来の自分を出しているかどうか30分かそこらの面接で見ぬくことは残念ながらできないので、何とか普段の姿を引き出そうとしています。

一番気をつけているのは「最初の何気ない会話」で、相手が落ち着きリラックスしてくれることを目指しています。

知りたいから自然と出てくる深堀り質問

120分でわかる!!就職面接の新常識 [DVD]

求職者がどのような人で何を大切にしているのか、それが面接で一番知りたいことです。

志望動機や過去の実績などでは求職者本来の姿を知ることが難しいので、何か気になったことがあれば深堀りをしていく質問が多いです。

何でこの人はその話を私達に聞いて欲しいんだろう?

この会社だとそのスキルは具体的にどのように活かせそうかな?

といったことを考えるとより深い質問が勝手にでてきます。

何か気がついたら面接後にフィードバック

せっかく面接の時間をお互いもつことができたので、面接に関してのポイントをフィードバックするようにしています。

ご縁がなかったとしても、他社で少しでも求職者の方の良い人間性を出してもらえるようになれば良いと考えてのことです。

ときには求職者に「うざったい」と思われるかもしれませんが、、

人を採用する立場のまとめ

採用する側も私のように人間ができあがっていない成長過程の人間であることが多いのが現状です。

最近ではこの記事に書いていることを出来るようになってきましたが、もっともっと求職者さんが気持ちよく面接に臨んでもらえる環境は作れると感じてます。

そういった努力を採用側も続けていますので、求職者の方がこれを読まれたら暖かい目で私達を見守ってください 笑

-ライフハック

Copyright© 織田信長の生涯 , 2018 All Rights Reserved.